2016.09.28.

花の調べ

風に 花のいろ や キレイな香り を乗せたいな 
と想って 花市場で いろいろなお花を仕入れてきて  花のことを調べたり 観察したり 写真にしたり しています。


 
LABORATORYでは 海に流れつく廃材や 貝殻 あき瓶 牛乳パック に ペンキを塗って 花器にして

パタゴニア サーフ 千葉 の オーガニックマーケットにて  花と花器を 販売しています。 









  


2016.09.21.

海辺の暗室




今 海辺に暗室を創っている


ここを 写真の研究所 ラボラトリー にしようと思っていて
いつか ここに 実験映画館も創りたい



ソルトスプリング島にあるような ホノカアにあるような 昔 高田馬場にあったような
小さくて良質な くらやみと フィルムの映写機   あと 看板ネコ がいるような。

 


 今年の夏は 地元の大工さんと職人さんに手伝ってもらいながら (みんな サーファー)
ここの土地と ここの海と ここの風と ここの波と 戯れながら  
いろいろな仕事と あつい時間と たくさんの気持ちを 暗室制作に注ぎこんできました。




密かに 2016年9月5日 ラボラトリー OPEN しました!



まだ 工事は途中段階です。

 ここ最近は 秋の長雨 欠けていく名月 しっとりとスローに時間が流れていくけれど
サクラダファミリアみたいに  工事も過程も空気全部が ラボラトリーになっていければいいなと。



ここから これから 次の夏に向かっての冬 この場所と ここでの時間に 深みと含みをもたせたいと想っています。





最初のイメージ図


   

2016.07.05.

ドミノ・ピザ TVCM

ひらけ、おいしさ。「BUY 1 GET 1 FREE!」篇 を撮影させていただきました。











撮影中に食べた パイナップルのピザが最高に美味しくて 美味しくて




この撮影を機に 天然酵母を育てたり ピザ釜を作ったり
酵母とか 炭とか 薪とか 小麦粉とか   どはまり中な初夏を海小屋にて展開中 



ちょうど 今 特性 レモンピザ が完成しつつあって (すごく美味!) 今後 我社の看板まかないメニューになる予定



 


あと タコ釣り も 格闘中
 

チャンスをみつけては 地味に漁しつつ 未だ つれないままに
 
つれづれなるままに。。。




釣ったタコで 炭火たこ焼きをつくるのが 目標です。    COO









今年も もう 今年の夏がはじまってきてます!

 

2015.09.30.

治癒

あと 1波
あと もう1波

日本に戻る前 最後に きれいに波にのりたくて
あともう一波 を 何度も何度も繰り返した

これで最後と心した 最後の波は 見事にのまれ 沈した時 腰と足に おおきなウニが刺さって とどめとなった。


腰と 足に 太くて黒い針 2本 小さい針 いっぱい がささったまんま 東京の暮らしがスタートしている。


ズキズキ痛んだ 体内のウニは 今は こそばかゆい

体内で少しづつ とけているのが なんとなくわかって ちょっと嬉しい


今 ハワイの自然が 自分の体に 自然に ゆっくり とけている 


2015.09.26.

海中散歩

  











コンドミニアムのすぐ裏のハーバーから モロキニ島への船が出港すると聞いて
きまぐれに乗船してみた。

ハーバーを抜け ぐんぐん進み 水の色の蒼も どんどん濃く深く。


船から 海に飛び込んだ。

視界に 見えた 水の色 魚の世界  


初めて でも 体が覚えているような 感覚



もっと深くへ 沈もうとすると 浮いてくる体

もっと深く 沈みたい と心に思うと 沈むことができた


初めて でも 体が知っていた 
  

2015.09.23.

貿易風 passat

マウイ島 海辺の住処は ワイレア地区のコンドミニアム

目の前は全部 海 
冬になったら この目の前に クジラが泳ぐらしい


どっしりと 碇をおろした  安定感のある 大きな船にいるような そんな部屋


視界は海と繋がっていて 
岩に打ち付ける波の音 と 風の音が 常に 強く 逞しく 心臓に響く



音のある風景




山でゆるゆるになった感覚は 豪剛とした 自然の音色に なじむまで ちょっと戸惑いを感じた




風波の音の強さに  風を ゆったりのんびり眺めてなんかいられなく 
風に身を委ねるにしろ  自分自身が 自然と 行動的に アクティブモードに スイッチされる。


せっかくの 海 風 波 
サーフボードを車にのせて ちょうどいい場所を探しに 車を走らせる。



ここに 力強く 吹く風の名前は 貿易風


貿易風 = パサート 


vw フォルクスワーゲン の 高級車に この風の名前がついた passat という車がある。

ちょっと前 vw passat の 広告写真を撮影した時から passat という響き 貿易風という名の風に 
興味を抱きつつも 解らないでいた



今  貿易風  passat を 感じている。





全てを動かすほどの  強く 重く 厚い 風 

  
波も 地形も 大気も 心も 全部を動かし
 
そして ここは いつも  クリアーな空気   澄み渡る空間


生まれたての子供の無垢ではない  成長した大人の白





南の太陽の下  貿易風がふく 透明なキャンバスに  自分で行動しようという気持ちが逸る 





ちょうど 今 夜も明けた! 
  


2015.09.20.

paia and vw  and  マカワオ




17日間 ぐるり 駆け足で巡った ハワイの中で 特に フォトジェニックを感じた街
 
マウイのパイーア。
他には オハフのノースショア ハワイ島のホノカア あと 今 暮らしている マウイのマカワオ
が ツボだった。 


4つの街に 共通するのは 
オールドハワイのセンス エッセンスを残したまま 
今の新しい風が流れているところ。 開放的なところ。 そんな センスのいいところ。 

  

昔 サトウキビ畑の繁栄とともに 栄えた 街 パイーア。

やがて サトウキビ産業が廃れ ゴースト化した街に 
 
風を読むのが得意な サーファー ヒッピー アーティスト達が 移り住み 
独自の色感で センスよく ペンキを塗り替え 

新しいペンキで 新しくなった 古いさとうきびの街。 


改めて 風を読む嗅覚 そして 色の感覚 センスって偉大だな と感じる街。


 

パイーアでランチをして マカワオに戻って 猫と一緒にお昼寝したら(コテージに住む 人相の悪くてかわいい先輩猫が ベットを占領) もう夕方。

シードルを買いにいこうと 街の少し外れを歩いていたら
緑のペンキ色が美しい家の庭で 赤い花を手入れをしている
青色の美しいハワイ生地のワンピースを着た おしゃれな おばあちゃんに話しかけられた。

私の拙い英語でも いろいろな 長立ち話しをした。

立ち入った質問をたくさんされ そして 少し立ち入った 彼女のことも いろいろ答えてくれた。


彼女は 89歳で この家には 嫁いできたのだけど この家は 戦争の前からあって
家を建てた人は いまは天国にいて 今は一人でこの家に暮らしていて

彼女はこの家と この場所と 今 がとても気に入っている。 



なんてことない 立ち話しだったけれど この街を 深く感じれた 素敵な立ち話しだった。


彼女は この旅のガイドなのかもしれないと思った。


マカワオを もっと好きになった。

2014.12.17.

新雪山

スノーシーズンが到来している

早速の 新雪を滑りに行こう!
と ボードにワックスをかけ ビンディングを調整し


雪かきシャベル スノーブーツ 
薪とマシュマロ チョコレートとウィスキーを 車に積みこむ

本と あとカメラも。
今回のカメラはなににしようか。



クリスマス前の雪山  大好きな季節時間のひとつ。



2014.04.16.

ロッテ ガーナ 母の日 2014 
グラフィックポスターを撮影させていただきました。

松井愛莉さん 土屋太鳳さん 広瀬すずさん の3人の女優さんがそれぞれのストーリーを演じる TVCMに連動したグラフィックで、CMが とても素敵です。


キラキラと輝く 安定感のあるしっかりとした眼差しに
 2014年を代表する10代の女優さんの 地に足のついた しっかりと前を見据えた 
3者3様 爽やかにときをめくる 視線のそのさきに 
新しい時代感を感じた そんな印象的な撮影でした。




  

2013.11.05.

そらまめ農場

秋の旅は 兵庫県 そらまめ農場 へ。

最近 木 が 気 になり 木工の知恵を習いにと。


そらまめ農場の森野さんは カナダで知り合った ビルダー。

日本では ファーマー。

農業のほかにも 生活に必用な 道具 ガス 燃料 食べるもの なんでも 大きな家も! 自分で作る 造れる 創られる。


ものを つくる 知恵と知識 そして ユーモアが とても豊かで とてもおもしろい人。
 
森野さんが 作ったものは どれも 精密で 美しくて 穏やかで 幸せで  
そして とても愉しい。


森野さんが建てた 森野さんの木の家に泊めていただき
庭で造られた 野菜 卵 肉 果実 を 森野さんの家族みんなで おなかいっぱいごちそうになった。

木の家 土の上に暮らすこと 
木 そして 土 と共存する愉しさを いっぱい いただき いっぱい 感じた。

木と土との暮らし やっぱり すごく いいものだなあ。

そして 偉大だなあ。。。



自分の人生の中で これから どこまで 木 そして 土 に近づいていけるだろう。。。





いつか 近い将来 ツーバイフォー工法で ニワトリ小屋を建てて。。。 ニワトリを飼って。。。 
と小さくて大きい夢が膨らむ。




ニンニク植えを教えてもらって 土 にも興味を抱く。

鳥巣佑有子

メモリアル

12