2011.08.30.

12週間のカルマヨガが終わった。

最後の夜は テントの外に顔を出して星を観ながら眠った。
流れ星が3つ みえた。

空からみられているようで
 すこしこわくなって 目を閉じた。

最後の朝は 夜明け前に起きて 寝袋や毛布 シーツ マットレスを洗濯し テントをたたんで 83日間を過ごした森の寝床をかたづけた。

ヨガセンターでの最後のメディテーションは 今までで一番深く 無になれた。


その後 共に暮らしたカルマヨギー達に別れの挨拶をしすぎて フェリーに乗り遅れたりなどなど いろいろあって バンクーバーのいつも泊まるコンドミニアムには夜のおそい時間に到着した。

夜のおそい時間 といっても 9時30分なんだけど。

久しぶりの都会の夜は 電気の明るさが とてもまぶしくて まばゆかった。 


さっきまで 暮らしていた ソルトスプリングの時間がとても尊く 夢の中の時間だったように思えてくる。

2011.08.28.

コンポスト(キッチンの生ゴミ)を畑に運んで 干し草をかけて 土に返し 最後のカルマヨガを終えた。

そして 日没間際の湖をさっと泳ぐことにした。

キャンピングフォレストをつっきって ゴルフ場の柵を越えて まっくらになってしまう前に いそぎあしで。
靴をぬいで はだしで歩いてみた。
芝生も森の土も ひんやりと冷たくも柔らかだった。

湖について 急いで泳いだ。
もう 日がなくなって 湖は黒かった。

潜水して 目をあけてみてた。 日没後の水の色は黒 というか何もない色だった。

まっくらな水の中を泳ぐのは とても不思議な感覚。

水の音も聞こえていなかった。

最後に あおむけになって浮かんでみた。

一番星がひとつ光っていた。
  

2011.08.27.

キャンピング81日目

昨日も今日も 星空が冴えている。

テントのなかから 星を眺めながら眠り 起きたら 違う場所に星がうつっている。

今 朝の4時。

星を見ていると いろんなことを 思い出したり 想ったりする。

たくさんの日記を 暗闇の中でメモする。

夏休みの宿題を 最後に一気にするみたいに。

数万光年 数百万光年 数億光年 むこうから 
数万年 数百万年 数億光年 かかって届いた星たちを 一様にみているみたいに。


 
今日は これから メディテーションのクラスをうけて メヴのヨガクラスをうけて 最後のサタデーマーケットにでかけ 最後のカルマヨガ(今日はキッチンでみんなの夕食の準備とあとかたづけ)をして ヨガをして 最後のキャンピングの夜を過ごす。

2011.08.24.

キャンピング78日目

昨日はずっと 雨が降っていた。
8月に入ってからは はじめてのしっかりとした雨。

6月7月と 雨の日がとても 多かったのだけど 森の木々の下に屋根をつくり その下にテントを張っていたので そんなに雨ふりは気にならなかったのだけど
今のねどこは 空のぬけた ひろい草むら 風の通りみち。
雨ふりには めっぽう弱い。

テント内はかろうじて雨よけできているのだけど とてもしっとりしている。

こんな時 ウール素材の良さを感じる。
雨にぬれても 保温性がそこなわれずにあたたかい。

ウールのレッグウォ−マー
モンゴルラクダのブランケットにくるまって 雨の夜をすごす。

ヘッドライトの電球が切れたので ペンライトで本を読む。

昨日の夜はずっと 木々がざわめき 動物達もへんな鳴き声でうるさかったり なんだか異様だった。

ちょっとだけ 不安になりつつも この森にはなぜだか絶対の安心感もあった。


朝 目を覚ますと この島の空気が一気にあたらしい秋のにおいに変わっていた。

ひんやり 冷たい空気と澄んだ秋空。
新しい 鳥の鳴き声。


昨日の夜で なにかが変わった。



2011.08.23.

夏の終わりと雨とみずうみ

今日は あさからずっと雨が降って霧がかかっている。

どんよりとうすぐらくて こんな日は湖で泳ぐのがいいと誰かが言った。

ヨガセンターの隣は 全コース オーガニックの芝生からなる大規模なゴルフ場があって その向こうにブラックバーンレイクがある。

今日みたいな 雨の日はゴルフをする人がいないから キャンピングフォレストのつきあたりの柵を越えて ゴルフコースをつっきると 湖までかなりの近道でいけるのだという。

おとなりのゴルフ場にはじめて 足を踏み入れたのだけど 芝生がとっても柔らかくて気持ちがいい。

芝生のなかには ちいさなクローバーもいっぱい混じっていて ちいさなカエルがいっぱい飛び跳ねていた。

ゴルフ場側の湖の入り江は 砂浜になっていて いつもの対岸のデッキからみえる景色とはずいぶん印象がちがってみえた。


霧の中の湖をおよいだ。 気温は肌寒かったのだけれど 水温はそんなに冷たくなかった。

今日も 水の中にもぐって 水の色を確かめてみた。

みずうみいろだった。

この湖の水は 飲み水にもなるくらいきれいだといわれているのだけれど そして実際に泳いでいてもなんだかとてもきれいな感じがするのだけれど 水の色は みずいろ ではなくて みずうみいろ だった。

耳まで水につけて しばらくの時間 あおむけになって浮いていた。
霧がかった森の中だったからか みえた景色のことはあまり覚えていないのだけれど みずうみの水の音がとてもきもちよかった。


 

2011.08.23.





2011.08.23.

2011.08.23.

ELIOTH

ELIOTH の船上で カルマヨギーのケリーとビールを飲んだ。

6月6日から スタートしたこの島でのカルマヨガ。

ビールはもちろん タバコもコーヒーもお肉 タマネギ ニンニク 刺激物を一切食さない プログラムではあるのだけど 
たまに こうして コーヒー ときにビール ときにお肉 などなどを 少したしなんだりもする。

その方が 私には ちょうどいい。

カナダもそうなんだけど この島でも ウツ病 を煩う人の割合が以外と とても多いと聞いた。
はじめは こんなにも美しい自然の中の暮らしとウツは無縁に思えて 不思議で仕方がなかったのだけど 3ヶ月この土地に暮らしてみて なんとなく少しわかるような気がする。

このことは うまく説明できないのだけど。

こんなにも ピースフルで美しい 自然と知性の調和のとれたオーガニック先進国。

でも やっぱり 全てのものごとは それはそれはとてもとても複雑なバランスの中で なりたっていて
そこには 気候も気分も食事も文化も生活も人間関係も自分の生い立ちも人類の歴史も 土地の歴史も 全てが複雑に絡んでいて。


あと 一週間で 私の夏休みが終わる。

この夏の宿題 そうそう簡単にはとけそうもないパズルだったけれど
今 頭でなく 体でバランス感覚をつかんでいくことの重要性を感じている。

今 北の太陽の下。

2011.08.22.

森を泳ぐ

この夏を共に越した 森との暮らし。
今は すっかりと体になじんでいる。

月の満ち欠けによって変化する夜の暗闇 夜から 朝へのうすぐらやみ 
眠っている間も起きてる時も 太陽の位置や月明かりに体や気分が反応しているのを感じられる。

最近は テントが明るくなってくる時間もすこしづつ おそくなってきた。 
ソルトスプリングの夏の終わり が近づきつつある。


ふと おもいたち 自転車を走らせ 明け方の湖に泳ぎにいってみることに。

誰もいない湖。 思ったよりも冷たくない。

水面には森が映っていて 森の中を泳いでいるみたい。

水底がとても深いのか 水がとても重く感じられ
両手いっぱいに水をかくと 水面では森が波うち 森がたくさんに重なった。

水中に潜って 目を開けてみた。 
にぶいモスグリーンしか見えなかった。

もう二度 水中を観てみた。 
湖色だけ みえた。


顔をあげると

みずすましと水鳥が同じ湖で泳いでいた。


  


 

2011.08.19.

ALIOTH

ALIOTH号にはケリーの友達 スコティが住んでいて つまりここは彼の住空間。

ALIOTHとは 星の名前。 おおぐま座。

50年前に この船を造った人がつけた名前。



半世紀かけてとても大切に育てられた 古くてやさしい木の空間。

アンティークのガラス窓から見える海。 



船の持ち主 スコティは  この船の家でいろいろな島を一人で廻っているのだそう。

数年前に自分の持ち物などを全て売リ払い この船を買って それからずっとこの船に暮らしている。

(沖に船を停泊させるぶんには 地代などが 一切かからないらしい。)


ここソルトスプリング島の沖には今年の春から住んでいて 今はガンジスにあるカヤックショップでガイドの仕事をしていて ガンジスへはボートで行き来する。 


 
いろいろなすてきな暮らし方があるんだなあ。。。




朽ちた木のデッキ 海風 北の夏の夜の太陽 おおぐま座 とっておきのビール。



鳥巣佑有子

メモリアル

12