2013.07.29.






アマルフィにて もうひとつ はっとしたのは 
中世 1000年以上も前に ここに暮らしていた人々の服装と装飾


このスタイルの世界感に この国の隠れたイメージが 重なった。
好きに間違いない。
 
あまやどりで 訪ねた 海洋公国博物館にて。 

2013.07.28.

おもいたち

海洋共和国 船からの望みを みてみたい と おもいたち 
船舶1級免許を取ることを決めた。

思い立ち 4日目 
今日、 2級の筆記試験を終えた。


天気図 や 磁石のこと 潮のこと ロープ エンジン 操縦のこと 海上ルール 色々全部一気に浅く広くつめこんだ知識 これから どんな知恵になれるだろう。
 


今 この船の 想い達 は  風にのっている。 風向きも いい感じ。



開け! 大洋の新世界

2013.07.25.








今日みたいな雨の日

雨宿りした場所は 954年前から ここにある 造船所
アマルフィーの港の前 世界最古の造船所

覗くと 今は 海洋公国博物館 になっていた。   客は私だけ。


入ってすぐのところに 羅針盤が飾ってあった。

羅針盤は 中世アマルフィー人によって 発明されたらしい。

星や太陽を読んでの航海術  スターナビゲーション は 天気の悪い空下での舵取りに困難を要したのだけど

 磁石を使ったこの道具は どんな空の下でも航路を解き開いた。

 この磁石を使った道具 が 航海術における革命をもたらし
 新世界 へ向けた大洋の道を切り開いた。

ただの磁石 されど磁石


そういえば… 小学生の時 磁石については 全く理解できないでいた。

どうにもわからなくて
そういうもの! といいくるむしかなかった世界のひとつだった。

でも 今 そういうもの! を すこし解る気がする。


そういえば…  昔から 海洋グッズはこころときめくアイテム。

真鍮 碇 帆布 ロープ 望遠鏡 羅針盤 

高校生の時 帰り道 海洋グッズを扱った小さなショップをみつけて以来 毎日そこを通っていた。
阪急三番街 カッパ横丁の一寸手前 8坪くらいの小さなお店 今もあるかなぁ。

無性にときめくこの癖には きっと何かある! と  
そういうもの!
についてを想ったら 愉しくなって ワクワクする。

あまやどり 海洋共和国アマルフィー の造船所にて



雨上がり 海を臨んだ。

次は 海からこっちを 臨んでみたい   
と思ったら 嬉しくなって ドキドキした。





2013.07.14.

ミノーリから レモンいっぱいのトランクと一緒に東京に帰ってきた。

ちょっと昔 航海で きっと数ヶ月 それ以上かかったであろう アマルフィー海岸から
今日は バスと飛行機で 19時間。

とても 近い。

とてつもなく 大好きな場所 そして 最高な季節だった。
船の勉強をして filmと一緒に また 訪ねようと思う。


旅で感じ得たことは これから想像できる と思った。


碇をおろすみたいに
狼煙を上げるみたいに
ここに洗濯物を干して ここで暮らす。


駅の各所に 撮影させてもらった フジテレビ 『oh, My Dad!!』  のポスターをみつけた。


今 東京に暮らしていることを  ありがたく思う。






2013.07.12.

ミノーリ 朝5時

もうすぐ 夜が空けたら 東京へ向かう。

レモンを巡った 10日間の旅

思い起こせば 今年に入って どこからか
 レモンと海の世界感 がどうにもこうにも気になっていた。

そして この地を選んだ。


旅はいいものだなと思う。

視覚 味覚 聴覚 触覚 嗅覚 そして 第六感で この地を感じ写真できた。

新しいこと もしかしたら知っていたこと


東京に持ち帰る写真がいっぱいある。
記憶もまだ あたらしい。

 ここでの旅は 東京で続こうと思う。


2013年の夏が 始まっている。




2013.07.12.

ラヴェッロ

ミノーリのレモン畑と反対側の 岡のてっぺんに 街がみえる。

1500年前 ローマ帝国の貴族達が 襲撃から逃れる為 高台に築いた街 ラヴェッロ。

ミノーリのビーチ裏の石段を登って行くと1時間くらいで ラヴェッロに繋がると聞いて
石段を上り始める。

カメラバック以外にも レモンチェロやら 瓶詰めの食材を買い込んで その上 拾ったレモンでぎっしりの鞄を抱えて登る石段は 過酷だった。

直線距離で登るのなら あと どれくらい 今どの辺りにいるのか 予測がつくのだけど
延々と続く 終わりのみえない石段には はたまた気が遠くなった。

それでも いつもと違った角度で見下ろす アマルフィー海岸
通りすがりの いろんな家 いろんな洗濯物 いろんな生活模様 いろんな石段の形 いろいろ興味は尽きなく 全てがフォトジェニック。
夢中で写真を撮りながら やっとこさラベッロに到着。

風光明媚の文字通りの 風光明媚な街

アマルフィとも ポジターノとも ミノーリともまた違う 
イタリアならではの ぬけた色々 気品高さが漂うのこの街の色々に 一瞬で心が奪われてしまった。

この街のこの色感が たまらない。 

 

深くて美しい イタリアンブルーの色々 ピンクの色々

そして レモン オリーヴ ボールド


ラヴェッロで解った 重ねの色目


心の奥に 探していた色  みつかった。

2013.07.11.

ミノーリ

ミノーリは 古代 1900年も前から パスタを作っている街
隠れざる 美食の街。

アマルフィーほど 観光地ではないのだけれど
路地裏を歩いて のれんを覗くと 手作りパスタの製麺所だったり 
レモンチェロの蒸留所があったり

あと 車の入れない石段 レモン畑なんかでは ロバ達がせっせと働いている。 

古代ローマ時代の建築様式がそのまま残された 貴族の豪邸 ビイッラ ロマーナは アパートの一角 そのへんに 普通にある。

誰でも 入ることのできる アパート裏の小さい公園みたいなところに。
で 1700年前の 邸宅 壁画や 壷 池 が そのままに残っていて
壁には 隣のアパートの人の洗濯物がゆれている。

ヴィッラ ロマーナに続く 路地裏の隠れ道
ミノーリのストリート写真が壁に埋め込まれた 細い通りがあって
1920年から 今に至る ミノーリの街と暮らしを写した写真が並んでいる。

この 路地を歩くと タイムトンネルを歩いているような そんな気分になる。

だけれど 100年前の写真と比べると ここの 景色や 人々の暮らしぶり
実はそんなに変わっていないということを知る。

馬車が 車に変わったくらい。 
街並の景色は 今とそんなに変わらない。


そして きっと 1900年前 パスタをつくっていた風景と 今ここにある風景
 実は そんなに変わらないのかも と想像する。


1700年前の扉 ビイッラ ロマーナ


1700年前から ここにある絵 ビイッラ ロマーナ


路地の壁 100年前〜今に至る写真が並ぶ





100年前の景色 女性がパスタを干しているスナップ写真


今日 パスタを作っている人


今日 レモン畑で働くロバ

2013.07.10.

今いる景色 今見ている景色






ミノーリにて。

鳥が鳴いています。

うっすらレモン風が通り過ぎました。

レモン畑に眠って 5つめの夜が明け

帰国が近くなって すこし淋しく。


いつも視界に レモンと海と空と

 

2013.07.09.

古代ローマ遺跡 パエストゥム

ふらり巡り着いたその先は 古代ローマ遺跡 パエストゥム







イタリアにいると 
ひょんなところから 古い時代にタイムトリップし
ひょんなところに 古い時代がタイムトリップしてくる。


歴史が近いな〜と感じる。

時に近すぎて 今の自分がどこの自分なのか そんな風にも感じる。

確かにあった 古い時代のその中に 今が共存している。

2013.07.09.

フィアット カパッチョ 古代ローマ遺跡

ミノーリ名物 フィアットタクシー 
ミノーリ名物 モリッチョタクシー

今日は モリッチョ の フィアット の メンテナンス に 同乗して
フィアットのファクトリー見学 サレルノへ。

近くの カパッチョ モッツアレラ工場で モッツアレラランチ。

おしゃまなのらねこ
その先に 古代ローマ遺跡。

 



鳥巣佑有子

メモリアル

12