2014.12.17.

新雪山

スノーシーズンが到来している

早速の 新雪を滑りに行こう!
と ボードにワックスをかけ ビンディングを調整し


雪かきシャベル スノーブーツ 
薪とマシュマロ チョコレートとウィスキーを 車に積みこむ

本と あとカメラも。
今回のカメラはなににしようか。



クリスマス前の雪山  大好きな季節時間のひとつ。



2014.12.15.

湯季節

大分にて湯巡り道中


日暮の山里 露天風呂に浸かって 初雪を眺めていると

大地の熱でポカポカな体の頭の中に
初雪の冷たい雫が じんわり染み入る。

この地の風土に燻され 熟成されていくような感覚が
なんともここちいい



ああ いい湯季節


2014.12.12.

タフ

カメラはタフでないとならない。



憧れのHY6とは、タフに付き合いたくて
タフにもちだし タフに戯れ
あっという間 すぐに故障となった。。。

大切なものは いつも儚く
儚いから 大切なのか

本国のジナー本社も あっという間に アフターサービスを打ち切ったマシン。


でも とても魅惑的な代物なので
時間も費用も労力もかかりそうだけど でも なおしたい。


故障の原因 しくみを 自分で中をあけてみて 確かめてみた。
解決策がありそうに思え
HY6を共同開発した 本国のローライ社に手紙を書いてみることに。


そんな 魔性の HY6とは
タフにつきあっていくことに なりそうで。


タフに付き合う タフさが必要で。




タフでないとならないカメラ
タフにならないとならないカメラ



カメラはタフでないとならない。



鳥巣佑有子

メモリアル