2012.12.22.

code-v

来年のカレンダーの撮影をさせていただいた御縁でcode-v さんのクリスマスライヴによんでいただいた。

先日 賑々しく ほっこりと撮影させてもらった彼らとは 全く別格の彼らがいた。
華やかに 大きくたゆたう 歌の声。

圧倒的な歌唱力に 何物にも代え難い説得力があった。

日本に移り住んで まだ一年にも満たない彼ら。
その歌の声に 背負っている想いの大きさと夢がいっぱいにあふれていた。








2012.12.18.













伊勢神宮 ワイドローライ



2012.12.06.

12/5発売 YUIさんのベストアルバム 『GREEN GARDEN POP』初回限定版特典 ヒストリーフォトブックに20枚程 写真を掲載していただきました。

2004年のちょうど今頃 メジャーデビュー前のYUIさんの写真です。

生まれて始めての取材撮影だと聞いて 記念にと想って撮った8x10ポラロイドのファーストショット、
インディーズ時代のPV撮影に同行させていただき YUIさんがいつも一人で歌っていた場所を巡りながら撮影した時々の写真達です。


自分自身への覚悟という言葉と共に 新たなるステージへ向けての活動休止宣言をなさったYUIさん、今後の御活動を楽しみにしています。



2012.11.26.

皇居を走ってみる景色
皇居を走ってみえる景色













皇居の廻りを走ってみた。
なるほど ここは 日本の中心なんだと実感する。 

多くの人がここを走ることの意味がわかる気がした。


皇居を走ってみた景色。
皇居を走ってみえた景色。

2012.11.17.

wide rollei autumn










ワイドローライ 珠洲の秋

2012.11.17.

agfa autumn



冷暗室に寝かしている AGFAのFILM  
今 熟成期を迎えている。

so…. AGFAと旅を重ねよう。

2012.08.24.

石と流星

ハンモックひとつで島を渡り歩くケリーが 腰に巻き付けた貴重品袋からとりだしのは 島々で拾った数々の石ころ。
エリオス号のデッキの上で。 



ひとつひとつの石と いつかどこかの地の記憶。






流星が燃え尽きずに地表に落ちた 隕石
いつかどこかの星の記憶。






2012.08.23.

この薔薇のことは よくよく覚えている。

何かが特に特別な薔薇だった。




マーケットの片隅にて。 












2012.08.20.

南の太陽を感じたくなって 竹富島へ行って帰ってきた。

チャリンコで 珊瑚の白い道  海と ごはんと 赤瓦の家と 竹富島のご先祖様と 南の太陽と新月の星空を 駆け抜けた。

そして 再び 暗室のつづき。



 

2012.08.20.

鳥巣佑有子

メモリアル