2012.07.25.

ホラ貝




昨夏 この島のヨガセンターで暮らしていた時は 時計がない生活で 
朝 昼 夜ごはんの知らせは このホラ貝による時報だった。
あと なにか大切な知らせがあるときも ホラ貝が鳴り響いて 皆が集まるという風。

ホラ貝の音が鳴ったら ごはんの合図だから…と説明されて 最初は冗談かと面食らったのだけど このホラ貝時報 けっこう有効で 700メートルくらい離れた森の中でも 地をはう波動が伝わってくる。

そして その音は自然ととけこみ 森のリズムにとてもよく似合っていた。

ホラ貝と あと日の出から 日の入りの太陽の位置と 腹時計  日常の仕事うんぬんで 割と正確にヨガのクラスも時間通りに受けることができていた。

最初は冗談みたいに思ったのだけど ホラ貝って かなり使える通信手段。


 ホラ貝は吹けるようになっておきたい。 (まだ 吹けない)


2012.07.24.

FERN WOOD

昨夏のソルトスプリングは森暮らしだったから
今年のソルトスプリング島は 海辺のコテージで暮らすことに。

キッチンで食事を作るのも ごはんを食べるのも ベットに寝ころがっていても 海が観えて 海に観られて。

この海にはクジラが泳いでいて 時に潮を吹く姿を ここから観れたりもするらしい。

暮らしの景色の中に くじらが泳いでいるなんて なんてソルトスプリングらしい。 


いつか 写真したいな。

2012.07.24.




2012.07.23.

航法システム

島のファームでは どこもお花畑が一角にあって(中には食べられるお花もある)農園全体が色とりどりで とてもかわいらしい。

花から花へと飛び交い しゃかりきに がむしゃらに 蜜を狩猟するミツバチ達の姿も すっかりファームの一部として 景色の中にとけこんでいる。






ここ数年 携帯電話の電波が ミツバチの航法システムを脅かし ミツバチ達が巣に帰れなくなってしまい失踪するという事件が 世界各地で起きている。

最近 自分のiPhoneの電波で 目が回ったりする私にとっても このことは ハチごとではないなあ。。。と想う。


2012.07.20.



2012.07.19.

北夏メランコリー

今日のソルトスプリング島は フリースが必用なくらい寒い。

暖かい紅茶が おいしい日。


今日は たまたま寒い日だったみたいなんだけど 
真夏にこの気温っていうのは なんだか気持ちがあかぬけない。

湖で泳ぎたかったのだけど やめ。

東京の暑さはこたえるけれど でも やっぱり夏の太陽に憧れる。

この気持ち。 まえに ここで感じた この気持ち。





2012.07.18.

ヒッチハイク

小さなフェリーには 車30台くらい 自転車6台 バイクが1台。

テントと寝袋がくくりつけられた 泥だらけのバイク
ツールドフランスを走ってそうな しゅっとした自転車
これまでにかなりの距離を走ってきたのであろうオンボロママチャリ。
ヴァナゴンもベンツも SUZUKIもキャンピングカーも
高級車も 軽トラックも どれもがどれもいい感じに馴染んでいて 
それぞれがそれぞれに ソルトスプリングっぽい。


 
港に到着する直前に ヒッチハイク先を探すことに。

今日の目的地はWISTERIA
フルフォード港から 12キロ。
島の道は簡単なんだけど 歩くと たぶん2時間、3時間くらい。

フェリーの中で 一番前列に並んだ これまたソルトスプリングムードたっぷりの黒い軽トラックのおじさんに ガンジスまで乗せてもらえないか交渉してみる。

彼の家はガンジスと反対方向だったみたいで  ごめんね。。。 全然 違う方向に帰るから。。。 って断られたのだけど 少しして 
やっぱりガンジスに行くよ! 乗ってっていいよ!って言ってくれた。

スーパーで野菜買って ガンジスでディナーすることにしたからついでにねって。

やさしくて やわらかい いいわけ。 ありがとう。



2012年 ソルトスプリング島  とても素敵なはじまり。

2012.07.18.

時の間

東京の自宅を出発して 24時間。
たくさんの乗り物を乗り継いで ソルトスプリング島行きの最終フェリーに。

デッキには ここでしかない、ソルトスプリングな空気が流れている。


東京を17日の 午後1時に出発して 24時間経った今 
ソルトスプリング島は17日の午後9時。

長い 永い 2012年7月17日。

島に近づくごとに 時の間がゆっくりと延びていくような そんな不思議な時空の感覚。 

 

2012.07.18.

ふたたび みたび 

ふ、と思い立って ふたたびのソルトスプリング島へむかっている。
正確には みたび。

今、シアトル。


飛行機と船を乗り継ぎ あの景色 あの空気まで あと少し。


2012.07.12.

森を泳ぐ







鳥巣佑有子

メモリアル