2011.06.06.

WISTERIA room1

オレンジシ色のカーテン
壁の一部にはサーモン色が塗られている









北向きの窓からさしこむ光と この部屋の色との絶妙なバランス









 


2011.06.06.

WISTERIAの朝

おなかがすいて 目が覚める。

きもちがいい。



hektorが物語る。







2011.06.06.

おさんぽ
















2011.06.05.

6/4

フェリーを乗り継ぎ ソルトスプリング島へ。

ソルトスプリング行きのフェリーに乗り換えると 一気に自由な空気が流れた。



人間みたいな犬もいっぱい。

inu


それぞれがそれぞれに

みんながみんなで 風を楽しんでいる。



そのまま 風まかせに お花がいっぱいのB&Bに到着。


 ohana



それぞれがそれぞれに

みんながみんなで 太陽を楽しんでいる。






2011.06.04.

6/3

無事 カナダに入国。


いよいよ いよいよ 明日の朝 ソルトスプリング島へ出航。

ヨガと農業の旅 はじまる。


2011年 夏のはじまり

バンクーバーのモーテルにて。

2011.05.26.

-40℃



極寒地で 
頼れるカメラとレンズについて よく考える。


アラスカ−40℃の夜 



2011.05.25.

ほしひまわり





2011.05.25.

ほしりんご



ベッドのうえで

2011.05.23.

モンゴル、 夏

温泉の水を飲みにいった帰り道。








王様は民が温泉に入ることを禁止したとかしないとか。
地球のエネルギーで元気になりすぎたら かなわないとかかまわないとか。











2011.05.23.

モンゴル、 冬

もう何千年も 
ずっと変わらない景色。







季節が変わるたび家畜と共に住居を移し牧草求めて移動を続ける遊牧民族。

骨組みとそれを覆う布のみで組み立てられる移動式住居ゲルには
最小限のモノを最大限に活用する草原の知恵がたくさん詰まっている。



夜になると 
太陽電池による電球の暖かい明かりが優しく灯り


空いっぱいに星が流れる。








鳥巣佑有子

メモリアル