2015.01.13.

気狂いピエロ

1月の 銀座エルメスのシアター では ゴダールの『気狂いピエロ』 
が上映されている。 

フレンチルックで 小さくてきれいな劇場へ。 




今年最初に観た この名画が素晴らしく素晴らしくて 

ACTミニシアターに入り浸っていた 映画学生時代へ舞戻りたい気分に。




それでも 学生時代に観た『気狂いピエロ』では 
全くもって見えていなかった ゴタールの色彩表現を 
今は よくよく見ることができて そして感じることができるのは
今に繋がる写真活動の賜物にちがいなく

今年最初に観た映画が『気狂いピエロ』であって とても良かった。



とてつも 緻密で研ぎ澄まされた 色の質感 色の暗号 そして
時と空間の トリッキーな表現に 

美しい国を旅した時みたいに とても満たされた気分。



 


学生時代は即興演出を 自由できまぐれで感覚的なもの と思っていたのだけど

今 ヌーベルバーグの即興演出とは 
頭の中で計算しつくし 完成されつくした創造の世界から生みおとされる 生きた瞬間 純粋な一瞬 をフイルムに焼きつける作業であったんだろうと感じる。



全てが完璧にちょうどいいアンバランス 





幾度となく映画で流れる血は 
まったくもっての赤いペンキで とてもキッチュな赤いペンキの赤色で
映画の中での 血の表現が 赤色ということでなく 赤いペンキであるところに 意味と思想が混ざっている。






意味と思想 ユーモアとセンスをもって 
 
瞬間的に 写真的に   しなやかに
美しく ウィットに 
 


緻密に描かれる ひとつひとつの細部が いきとしいきる

全ては完璧にちょうどいいアンバランス 






ゴダールの新作  3D映画が もうすぐ 封切りで まちどおしい。




そして。
ゴダールの新作3D映像は EOS 5D markⅡ 2台と 35mm 50mm 80mmのライカレンズ で
デジタルでアナログに 撮影したとのことで。




あらためて 今、 映画が 愉しい。
 

2015.01.06.

春はあけぼの




やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる  〜清少納言



あけましておめでとうございます。

色を感じて 心ときめいて シャッターをきって  今年も 美しい景色が 広がりますように。 
2015 新春

2014.12.17.

新雪山

スノーシーズンが到来している

早速の 新雪を滑りに行こう!
と ボードにワックスをかけ ビンディングを調整し


雪かきシャベル スノーブーツ 
薪とマシュマロ チョコレートとウィスキーを 車に積みこむ

本と あとカメラも。
今回のカメラはなににしようか。



クリスマス前の雪山  大好きな季節時間のひとつ。



2014.12.15.

湯季節

大分にて湯巡り道中


日暮の山里 露天風呂に浸かって 初雪を眺めていると

大地の熱でポカポカな体の頭の中に
初雪の冷たい雫が じんわり染み入る。

この地の風土に燻され 熟成されていくような感覚が
なんともここちいい



ああ いい湯季節


2014.12.12.

タフ

カメラはタフでないとならない。



憧れのHY6とは、タフに付き合いたくて
タフにもちだし タフに戯れ
あっという間 すぐに故障となった。。。

大切なものは いつも儚く
儚いから 大切なのか

本国のジナー本社も あっという間に アフターサービスを打ち切ったマシン。


でも とても魅惑的な代物なので
時間も費用も労力もかかりそうだけど でも なおしたい。


故障の原因 しくみを 自分で中をあけてみて 確かめてみた。
解決策がありそうに思え
HY6を共同開発した 本国のローライ社に手紙を書いてみることに。


そんな 魔性の HY6とは
タフにつきあっていくことに なりそうで。


タフに付き合う タフさが必要で。




タフでないとならないカメラ
タフにならないとならないカメラ



カメラはタフでないとならない。



2014.11.15.

2014 秋 Hy6





 
代々木公園にて この秋 新しく手にした ジナー Hy6と戯れ日和


ドイツのレンズ
ドイツのデジパック


ドイツの青空への憧れから生まれたのであろう 青緑のベーストーンの利いた
ドイツフィルム アグファ ウルトラを彷彿させる発色



そして 改めて  rollei 6008 レンズ群の
ズシリと重くも スコンとつきぬけた 天晴圧巻描写力に
ため息まじりワクワクドキドキ



  
今年の深秋は sinar hy6で

2014.11.11.

「 少年とキツツキ 」 



本日より 代官山フォトギャラリーにて 14枚の写真を展示しております。


題名

「少年とキツツキ」


登場人物

少年   大畑りんせい くん 10才

キツツキ  彼の心の中  wonder wall 



 


プロサッカー選手を目指す少年と

彼の瞳の先に魅了され 生まれたフォトセッション



11月17日発売 日経kids+ の表紙撮影で 撮りおろしたフォトストーリーです。



2014.09.29.

フジテレビ ドラマ   ディア・シスター
ポスタービジュアルを撮影させていただきました。

2014.09.10.

mekuru 03

雑誌 「MEKURU」 03号 にて
女優の橋本愛さんを 14頁にわたって 撮りおろしさせていただきました。



鎌倉の細道にて デジャヴュー をストーリーに撮影しました。



撮影中に橋本さんと前世について ちょっとだけ話した時 
「多分 前世は 剣士だったと思う」 と小さく答えた声が 意外で 印象に残っています。



その後 南イタリアで過ごした時間の途中 
この時の 剣士 の響きが ふいにふにおち このストーリーの色彩がひらめきました。






写真をしていると
 
ああ なるほど。 と なにかに気づくような 時 こと もの があったり 
意外な なにか にときめきを覚えたり

そんなところ そんなこころが 面白くて 写真しています。 




今回のフォトストーリーでは モノクロフィルムを交えて
色の記憶 色の表現についても 自分なりに深く潜りました。





この秋 色彩欲の秋 へと繋がっていきます。 


2014.09.07.



日経ウーマン10月号 
表紙 巻頭頁を撮影させていただきました。

鳥巣佑有子

メモリアル