2024.02.16.

Hasselblad SWC ビオゴン

 

Biogon 38mm  f4.5

Hasselblad SWC    (1962年製)

氷点下のお散歩撮影

カメラ付きレンズ ビオゴン で

ノーファインダー撮影

空からのひかりが 雪にはねかえって 水色の空気

コーティングなし時代レンズの ハレーション

時空をこえて 存在する超生命体

火の鳥 みたい

 

 

2024.02.15.

Elmarit-R 19mm/f2.8 (Type I)

Elmarit-R 19mm/f2.8 (Type I)
エルマリートR 初代19mmF2.8 1975年製

 

雪山星空 ナイトハイク

気温➖15℃

新月 雪灯り  ノーファインダーシューティング

 

広角レンズでありながら

広角特有の硬さがまったくなくって

 

ほんわか 優しく

自然体な 柔らかさと 空気感を 表現できる
推しレンズ

 

レンズ設計 製造は ライツ社

たおやか描写な レンズです。

@Laboratory whole
では 珠玉の名レンズたちで
大切な瞬間を さりげなく 永く
残るような そんな写真を撮りたくて

日々 光と陰と 風と 波と 花と 太陽と
レンズと 写真機と
おいかけっこしています〜

#ライカで撮影する日常
#ライカで撮影する意味

2024.02.15.

カモミールと太陽

ポットにお湯を沸騰させ、新鮮なカモミール 3カップを入れ 45分煮詰め冷蔵庫で保存する。

太陽がふりそそぐ暖かい日 カモミールエキスに浸した髪をそのまま洗い流さずに自然乾燥。
そのまま一日 太陽の下で過ごすと。。。。
カモミールと太陽が髪の色を明るくしてくれます。

 

 

 Cooke Speed Panchro 50mm f2

2024.02.14.

ヨガキッチン

ヨガセンターの食事は ベジタリアン。
肉、魚 以外にも 卵や 瞑想の妨げとなるタマネギ、ニンニク等も食さない。

食材はすべて オーガニック。
ヨガファームにて育った新鮮な野菜が調理される。

畑作業も調理も全て カルマヨギーによるカルマヨガの一環。

肉好きな私にとって ここの食生活はちょっと心配だったのだけど
まったくもって大丈夫。

毎食 バラエティ豊かな 美味なるヨガセンターのベジタリアンミール。
本当に野菜だけなのか?と疑うほどに華やか。

ここでの食事が楽しみで ヨガリトリートに参加する人も多いというのもうなづける。

 

2023.12.27.

モミ枝の蒸留水

2023.06.02.

sumika

#rockin’on 

#sumika

https://rockinon.com/news/detail/206407

#ロッキングオンジャパン

2023年7月号 で sumika  16P  写真を撮りおろしさせていただきました。

できるだけ そのまま この日の佇まい 気持ち  

そのまま 写真にしてほしいとオーダーを受け

白背景  

 5月の昼下がり 窓外の雨の瑞々しい空気を写しこんで

できるだけピュアに できるだけそのまま ありのままが写るよう シャッターをきり

sumika  の魅力 sumikaの音楽 ますます好きになりました。

ロッキングオン の 取材 ディレクション インタビュー 編集 印刷 

愛と情熱にあふれた仕事に参加させていただけ

写真をやっていて 本当によかったです。

#LEICA

#Deardorff 

#NOCTILUX

#commercial ektar

#fujifilm

2023.04.14.

1800年代 イギリスの古いラブレターより

Laboratory whale

 

写真館のテーマカラー

ネオンセロリ色の オリジナルラベル

フォントは 1800年代のイギリスの古いラブレターより 

誰かが 誰かに宛てて記した日記の スィートな言葉の 手書き文字 

まさに活字!

Anniversary

happiness

beautifulday

beautiful summer

写真たちが

100年後 200年後

いつか どこかで こんな風に 

かろやかに やわらかく スイートに  活きていたらいいなと 願いを込めて~ 

2023.03.26.

うつつこそ夢暮らし

高田城で目覚めた朝

車を走らせ 

関温泉で ひと滑り ひと風呂し

妙高赤倉温泉へ

 

 

妙高赤倉温泉 ちーちゃん家

いつもは 雪の中 

かまくらのように佇まっていたので

雪解け姿は はじめて

小屋周り 

池がをぐるっと巡っていて

水に浮かんでいるよう

 池には雪山が 映って

小屋の硝子に水景色が写って 

 硝子越しの暮らしが池に移って

池には 春夏秋冬 鯉が泳いでいる

 

豪雪にに囲われる 冬も

 鯉たゆたう 池のおかげ

小屋は冷え込まないのだそう

質実剛健

お茶室お屋敷

風流小屋暮らし

写真しながら

人生観を問うたり浸ったり

歩 で天ぷらうどんを食べ

無門 大閣 はしご温泉

湯上り リンと太鼓を叩き 

麻顔  寧々  はしご酒

夜更けの鯉に囲まれ 眠りにつきました

2023.03.23.

熊気分

 

 

月明かりの下 寝ておきた朝

朝露きらめく モミの葉を アルコールランプで蒸して作った  芳香蒸留水

あと

ハムとチーズのサンドイッチ

一升瓶のハウスワイン

も 手土産 持たせていただき

オンボロワゴンは 

お洒落な ピクニックワゴンに大変身

森の香りに包まれながら 高田城へ車を走らせ

高田城下町に車を停車し

日本海の魚をいただき

上越の春を味わい

 

再び 森の香りに包まれ  車中泊  熊気分

2023.03.21.

デジャビュー

 

豚のイラストが描かれた 可愛い小屋

きたやつハムの直売所

自然環境 気候が ドイツに似ている 

そんな八ヶ岳 八千穂高原にて

天然の軟水で 昔ながらのドイツ製法にこだわった

ハム造りをしている工場直売所にて

温泉へ向かう途中

ゆりねと散歩がてら 

ハムを買い

氷の張った 池をおさんぽ

温泉上がり 

糸さんの雪解け山小屋にて

暖炉に火をくべ 

シャンパンポンして

ハムパーティ

森の妖精 雪ヒラタケを食べたら 酔いがまわって

前に ベルリンで モンゴルで 

なんだか 同じシーン 写真したような  デジャビューしたような

雪解け山小屋に 心地よく とけ入って 

寝ながら 星を眺めながら  月明かりの中で 眠りにつきました。

2023.03.21.

八ヶ岳 春ランチ

旅仲 小屋仲 仕事仲間の糸さん

八ヶ岳に 小屋を建てて  初めての冬

雪が解けぬうちに 雪山小屋写真を撮りに行ったのでしたが

今年はもう 雪が解けてしまっていました~

今年は 雪解けが1ヶ月 早く 

雪解け 春の八ヶ岳もまた 素敵な時空間

糸さん手製の ふき味噌ペンネ

オレンジサラダ

さくらのケーキ ひらひら

コーヒー

ついてすぐ ランチでおもてなしくださり

ひとつひとつが 絵になる空間

生活そのものが 物語で

素敵な 小屋物語の世界に とけこんで 

うっとりなランチタイム

ごちそうさまでした。

2023.03.20.

sundays food

雪が解けてしまわぬうちにと

歯ブラシも持たず

着の身着のまま サンダルで 寝袋とテントと ボードセットとコーヒーセットを 車に積んで 山へと向かってみた。

この冬は スローながら なんだかんだ 心忙しくしてたら 

あっという間に春になってしまったけど

春雪山 独特の 感じも好きなので  雪山小屋巡り取材 出発決行!

気まま旅の はじまり

八ヶ岳の麓  長坂IC をおりてすぐのとこにある

sundays food   にて バケッド購入

パンを買いに ぷらっと行ったのでしたが

ここの小屋というか 空間 空気 なにもかも ステキで

いい旅のはじまりはじまり

 

2023.03.10.

mimoza

Be Good boys    in tha park

わんちゃん用 記念写真館 プレゼンツ 

パティシエ ちかちゃん

 わんちゃん用  ひなまつりケーキ (さつまいもを ヨーグルトでデコレーション いちごトッピング)

 

  ポリアナちゃんの ひなまつり  愛情いっぱい おやつタイム

 

2022.11.30.

ジャンクガーデンで育てた植物たち

去年の夏に植えた 10cmくらいの小さな ユーカリ苗
この夏は 3M 以上 大きく育ってくれて

選定した枝を バケツにほうりこんだけだけど
生命力 いっぱいに いい空気を放ってくれて 水もきれいにしてくれる。

庭で 育てた 朝摘み 植物や花たちと一緒に

ひとり撮影時の
スタンドインがわり カラーチャートがわり アロマがわり

2022.11.30.

Macro-Switar50mmf1.8


Macro-Switar50mmf1.8

マクロスイター
1960年製造

スイス ケルン社の名玉

クリアーで
シャリッと
キッリッと

シャーベットのように
魔法のように

とろける描写に

もうすぐ 3歳
ゆいちゃんのアンニュイ
あいまって

2022.11.30.

Elmarit-R 19mm/f2.8 (Type I)

#決定的瞬間
撮影レンズは

Elmarit-R 19mm/f2.8 (Type I)
エルマリートR 初代19mmF2.8 1975年製

広角レンズでありながら
優しくて 自然体な
柔らかさと 空気感を 表現できる
推しレンズ

最短距離 30cm なので
お母さんの視線 だったり
大切な人との距離にとても近い視点で 特写できます。

レンズ設計 製造は ライツ社

さすがな たおやか描写な レンズです。

@Laboratory whole
では 珠玉の名レンズたちで
大切な瞬間を さりげなく 永く
残るような そんな写真を撮りたくて

日々 光と陰と 風と 波と 花と 太陽と
レンズと 写真機と
おいかけっこしています〜

#ライカで撮影する日常
#ライカで撮影する意味

2022.09.08.

 

海を眺める 車椅子の JAHAN
隣で ウクレレを弾く  MIKE

MIKE は プロミュージシャンで
メジャーレーベルからレコードも出していて

今は リタイアし
毎週水曜日 天気のいい日
サンオノフレ で 妻への リサイタル

が お決まりなのだそう。

MO は
車椅子のママに海を見せたいのと
パパが 得意の楽器を 気持ちよく演奏できるよう

仕事が休みの水曜日
車を40分くらい走らせ

いつものサンオノフレビーチ に 2人を連れて来ては
家族でプライベートコンサートを 愉しむのだそう。

サンオノフレビーチの 駐車場は ビーチフロント

眺めが ものすごく良くて

舗装はされていなくとも
土が程よく 硬くて柔らかく滑らかで
自然のまま 優しい天然バリアフリー

電動車椅子を 自分で 操縦して
気ままに のんびり 好きな場所から海を眺められ

トイレも広くて 清潔

波乗りの聖地であるけれど

波乗りしない人にとっても
誰にでも 全ての人に優しい  素敵なビーチ

ここで のんびり気ままに 家族の時間を過ごすのが
MO ファミリー 水曜日の お決まりスタイル

BIG WESNESDAYへ向かう旅
サンオノフレ で 出会った
そんな 素敵な時間 を 写真しました〜

この写真
ポストカードサイズのBW 印画紙に焼いて

MOに AIR MAIL

この時間が 海を渡って
MOのおうちに 届くといいなあ。。。 と思って

日常に流れる時間の ほんの一瞬
何気ない 光や影 匂いや音 気持ちや 温もり
が ぎゅっと写真となって

いつか  遠く 永く  未来のどこかに
届いたら 面白いし  きっと 素敵だなあと

そんな風に 写真旅して 持ち帰ったフィルムたち

千葉の 海辺の暗室 暗闇で 現像して プリントしてます。。。
とても ゆっくりですが。。。

Soft ukulele tone
Ride the sea breeze and melt in the sun Special seats on Wednesdays

Looking at the sea Jahan in a wheelchair
Next to her is MIKE playing the ukulele

San Onofre Beach parking
is beachfront
the view is so good

Even if it’s not paved
The soil is moderately hard, soft and smooth
Naturally friendly, barrier-free

Control an electric wheelchair yourself

Journey to BIG WESNESDAY
I met at San Onofre

I took a picture of gentle time~

Just a moment of her in the time that flows in everyday life
Casual lights and shadows, smells and sounds, feelings and warmth
but she is tightly photographed

Someday, far, long, somewhere in the future
When it arrives, it’s interesting and wonderful

Like that, I took a photo trip and brought back the film

prints by developing in the darkness of the Chiba seaside darkroom. . . very very slow. .

2022.08.20.

緑の光線

#sanonofre
#4door point

#魔法じかけのオレンジ

サンセット 待ち合わせした 
キャッチサーフの
ジョエルに会えずじまいまま

海から上がって

焚き火をして たら
   
Green Flash!!!   緑の光線!!!

水平線に太陽が沈む一瞬に発するとされる緑の光線を目撃すると
自分と他人の心の中が見えるようになるという〜

太陽が沈む瞬間に放つ緑の光線は幸運の印

「太陽は赤・黄・青の光を発しているが、青い光が一番波長が長い。だから、太陽が水平線に沈んだ瞬間、青い光線が最後まで残って、それがまわりの黄色と混ざって私たちの目に届く」

それを見た者は幸福を得られるという〜

サンオノフレ 4ドアポイント

出会えた気がした

魔法じかけの緑の光線

2022.07.07.

Laboratory ~whale of a time

Laboratory ~whale of a time

太平洋を一望する 小さな小屋
完全予約制のプライベート ロケーション写真館 

プライベートフォト 撮影料金

2h 35000円 (木曜日 金曜日)
3h 45000円 (土曜日)

撮影した 50~100カットの画像データーを 色調整し 撮影後 3日以内に データーでお渡し

小屋内 屋根ありのデッキ(海背景) 一面 太平洋を一望する 広い庭
にて 自然な流れで 自然と一緒に 自然な表情 佇まいを 撮影

車 キャンピングカー バス の乗り入れ 可能です〜

海背景に 愛車 愛犬と一緒に 撮影できます。

海背景の ブツ撮り 撮影も 承っております。

背景紙 背景布 大型ストロボ LEDライト 
ロケグリップ 照明機材 あります。

ご要望 ご希望にあわせた 写真 撮影を カスタマイズいたします。
 

予約は 2週間前から 受け付けております。
撮影当日 雨 風 強い場合   無料で リスケします〜

〜〜〜〜〜〜〜〜

オプション (別料金)

レタッチ入り プリント 

フォトブック製作 

額装 

フィルム撮影 (35mm 6X6 4X5 8X10)
銀塩アナログ 手焼きプリント

本革 アルバム作成

ドローン撮影 

動画撮影 動画編集 

ヘアメイク

生花 (東京の大田市場で 直接 買い付けしております。) 

撮影用 ワーゲンバス や ビートル 車両の手配 

mail info@torisuyuko.net
右上の サイトをクリックしていただき

お気軽に お問い合わせ ご相談ください。

 

2022.07.03.

whale of a time

2022年 七夕の日 laboratory は 

海辺に新しく ひと夏の プライベート写真館 Laboratory whele を OPENします。

太東海浜植物群落  日出処 

太平洋を一望する  丘に 佇む スペースシップな小屋を 
写真スタジオとして 使わせていただけることになり〜  

窓一面 太平洋 その向こうには 鯨が泳いでいるらしいので

この 写真館を  Laboratory ~ whale of a time と 命名しました。

a whale of a time というのは、楽しい時間を表すイディオム 

Laboratory 〜 whele of a time
とてつもなく素晴らしい時感 を テーマとした 写真研究所 

自分の 思う レンズと写真の魔法をふんだんにつめこんだ 
詩的な 写真スタジオ プライベート写真館  

 

2022年 7月7日  Laboratory whele  OPENします〜

 

  

鳥巣佑有子

メモリアル